TOP >  禁煙に失敗する理由

スポンサードリンク

禁煙に失敗する理由

禁煙を何度も失敗するという人は、ニコチン中毒になっている可能性があります。ニコチンはほかの薬物と同じで身体的な依存症がとても高いと考えられています。
精神的にもつらくなってくると吸いたくなります。精神依存も高いものになっています。
吸わないと落ち着かない気分になります。緊張した時には何本も吸ってしまうということもあるでしょう。
遺伝的な要素も禁煙には関係しているようです。タバコを簡単にやめられる人はこの依存する率が低いとされています。
禁煙に失敗する人は体質的にも依存してしまうようです。吸いたい気持ちをどれだけ抑えるかが禁煙に成功できるかどうかかかってきます。
禁煙に失敗する理由としては、まわりに吸っている人がたくさんいる、ということも挙げられます。まわりが吸っているのを見ると自分も吸いたくなり、吸わずにいるとまわりが禁煙をやめるようにそそのかすからです。
禁煙を始めたら、まわりが吸っている時にはその場所を離れるようにするなど自分でできることをしていかないといけません。
気持ちが楽になるようにできたら、禁煙も成功させることができます。あまり神経質な人は考えすぎてしまい、何度も挫折することになってしまいます

Amazon人気商品

関連エントリー

禁煙に失敗する理由