TOP >  東洋医学

東洋医学 を詳しく話すと

今まで知らなかった東洋医学 の事がわかるとまた世界も変わりますね。

まずは漢方から。中国でも花粉症に悩んでいる人は数多くいます。「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」「柴胡桂枝湯」「防已黄耆湯」…これらの漢方薬はどれも鼻水やくしゃみのトラブルを抑える働きを持っています。それではこの「水毒」を改善する治療法をご紹介しましょう。指の先で刺激するというよりはこのあたり一帯をまんべんなく刺激するのが確実です。まずは「合谷(ごうこく)」。

さて、東洋医学と言えば漢方薬とツボです。つまり水毒を鎮める働きがあります。次に「三陰交(さんいんこう)」。それではなぜ4つも漢方薬があるのかと言いますと、それぞれは症状や飲む人の体型に合わせて分類されています。花粉症に悩んでいるのは万国共通で、何も日本だけの話ではありません。免疫機能を高める働きがあるので、花粉症以外のあらゆるトラブルに効きます。

アレルギー性鼻炎については漢方でも研究が進んでおり、優れた治療法が存在します。これらは東洋医学によって体質を改善するために実際に使われる手段ですが、それでは東洋医学では花粉症になっている状態のことをどう診断するのでしょうか。これも前者が痩せ型の人に、後者は太り気味の人に適しています。刺激のしかたはもう一方の手で挟むようにします。自律神経の働きを良くするツボなので、体の調子を整えて花粉症を撃退します。次に東洋医学の双璧であるツボ。

当帰芍薬散と桂枝茯苓丸は鼻水とくしゃみに効きますが、前者は痩せ型、後者は太り気味の人に合うように作られています。柴胡桂枝湯、防已黄耆湯はさらに症状が重くて微熱や関節痛があったりかゆみが強い時に処方されます。これは手の甲の親指と人差し指の骨の付け根が合っている部分で、他のあらゆる症状に効く万能的なツボということで知られています。ツボも漢方薬と同様にすぐに効果が出るというものではなく、ツボ刺激を続けることによって徐々に体質を改善していきます。花粉症になるとくしゃみや鼻水が止まらなくなります。アレルゲンによって鼻や目が刺激されて余分な水があふれ出てくる状態が水の毒という言葉になったのでしょう。


東洋医学の関連サイト・ブログを紹介します。

東洋医学 玄武堂【大阪/北区/城東区/箕面】鍼灸 ...
大阪北区、城東区と箕面市に鍼灸院があります。整体、骨盤矯正ダイエットも人気!東洋医学に基づいた料理を提供する玄武庵の紹介もあります ... 花粉症検査
http://www.genbudou.com/

マエダ漢方薬局/西洋医学と東洋医学の違い
日本でも数少ない中医学をマスタ?した薬局です。お客様のご相談を詳しくお聞きし、症状に合わせて漢方薬を調合しています ... 慢性病、体質病、生活習慣病に対して漢方の立場からどこよりも詳しく説明しています スギ花粉症
http://www.gix.or.jp/~maeda-kp/seiyouigaku/

明治東洋医学院専門学校
鍼灸師・柔整師を育成する専門学校 フォレスト花粉症
http://www.meiji-s.ac.jp/

生活情報>健康・医療>東洋医学 [まぐまぐ!]
生活情報>健康・医療>東洋医学に関するメールマガジンです ... 劉大器 中医学講義録 劉大器先生は、陰陽理論では誤解を招くと、寒熱理論を提唱しました。寒熱理論で漢方の理解が容易となります。又、寒熱理論で自分自身の健康管理が出来ます。寒熱理論 ... 花粉症駐車
http://www.mag2.com/j/lif/me/06/

北里研究所 東洋医学総合研究所
概要、研究部門の紹介、診療センターの案内。 花粉症サプリ
http://www.kitasato.or.jp/toui-ken/

関連エントリー

東洋医学 を詳しく話すと   東洋医学 とは   東洋医学 に関する話題。   東洋医学 とは   東洋医学 について詳しく   東洋医学 の情報は   東洋医学 に関する話題。   東洋医学 を詳しく話すと