TOP >  市販薬

市販薬 に関する話題。

市販薬 についてこのサイトでは多くの関連情報や情報を集めています。案外口コミはいい情報があふれています

抗ヒスタミン薬については別の項で詳しく述べていますのでそちらを参照して下さい。市販薬である程度の効果が望めるなら忙しい人でも簡単に対処が出来ますから、花粉症の際に利用する市販薬についてお話したいと思います。こちらも患部に直接使用するということで使い方が異なるものの、抗ヒスタミン薬がメインとなっています。これは内服薬ですがカプセルの中に顆粒状の粉末が入っているのではなく、ドロッとした液体が入っているので胃の中で溶けやすく効き目が早いというのが売りです。そのため、副作用のリスクが指摘されているステロイドを使用した薬は見られません。その筆頭が「パブロン」。

これもよく名前を耳にする薬として「アルガード鼻炎ソフトカプセル」という薬があります。内服薬の大半は抗ヒスタミン薬です。そこでもお話しましたように抗ヒスタミン薬は風邪薬にも使用されているものが多く、花粉症の市販薬を見ても風邪薬と同じ名前のブランドを散見することが出来ます。次に点眼薬・点鼻薬です。パブロンというと風邪薬にも同名のものがありますが、これは「パブロン鼻炎カプセルS」という商品です。なお、これらの内服薬についてはひとつ注意事項があります。

点眼薬・点鼻薬というと難しい表現ですが、要するに目や鼻に直接使用する薬ということです。これらの薬は医師の処方を必要としない市販薬です。それだけではなく、さらに抗アレルギー薬であるクロモグリク酸ナトリウムが配合されている薬もあります。当然ですが、さらに配合されている薬剤が多くなっているため価格は高めです。それではこれらの分類を踏まえつつ、市販薬を具体的にご紹介します。先ほどからお話しているように花粉症の薬と風邪薬はどちらにも抗ヒスタミン薬が配合されています。

まずは内服薬から。花粉症に効きます、と銘打った薬はたくさんの商品が薬局で売られています。そのため、比較的安心して利用しても問題ないと思います。市販薬は内服薬、つまり口から飲む薬と患部に直接使用する点眼薬・点鼻薬に分けられます。つまり同じように抗ヒスタミン薬を使っていても花粉症に特化した薬だということです。抗ヒスタミン薬は適量を守らないとリスクがあるので、同時に飲むのは避けましょう。


市販薬の関連サイト・ブログを紹介します。

一般市販薬の使用制限を12歳未満に=パブリック ...
■ 海外消費者ニュース1月 一般市販薬の使用制限を12歳未満に=パブリックシチズン、fdaを批判 米国の消費者団体「パブリックシチズン」は17日、「2歳未満の子どもに一般市販薬を投与すべきではない」との見解を示した米食品医薬品局(fda)に対し、「12歳未満 ... 花粉症症状
http://www.jc-press.com/kaigai/200801/

【パブロンSゴールド】トップページ|大正製薬
パブロンシリーズには、大人専用の製品と、ご家族でお使い頂ける製品が揃っています。かぜの諸症状の緩和に ... この医薬品は「使用上の注意」をよく読んで正しくお使い下さい 花粉症レーザー
http://www.taisho.co.jp/pabron/sg/

鼻炎用の市販薬
鼻炎の場合市販薬が勧められるのは、風邪などに伴う急性鼻炎と、花粉症 など季節性のアレルギー性鼻炎です。 継続的な治療が必要な慢性鼻炎や通年性アレルギー性鼻炎では、市販薬
http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/

よく効く市販薬の選び方使い方事典 ...
よく効く市販薬の選び方使い方事典―セルフメディケーション虎の巻 ? 医学情報検索専門 花粉症改善
http://www.igakujoho.net/db/

市販薬と病院の薬の飲み合わせで注意 することは何 ...
扁桃腺をはらしたとか、かぜをひいたとか で、病院にかかったとき、抗生物質などの抗 菌剤を処方されたことがあるでしょう。また、 抜糸の後とか、けがなどの感染予防のためにも抗菌剤が よく使われます。抗菌剤は細菌などの病原微生物の感染 に対する ... 花粉症予防薬
http://www.daido-life-welfare.or.jp/56/

関連エントリー

市販薬 に関して   市販薬 は、これです。   市販薬 に関する話題。   市販薬 は、これです。   市販薬 の説明   市販薬 について詳しく   市販薬 は、これです。   市販薬 に関して