TOP >  市販薬

市販薬 は、これです。

市販薬 のブログにご訪問ありがとうございます。

先ほどの薬では効果が見られないという場合にはこちらを使用することになります。次に点眼薬・点鼻薬です。まずは内服薬から。市販薬である程度の効果が望めるなら忙しい人でも簡単に対処が出来ますから、花粉症の際に利用する市販薬についてお話したいと思います。点眼薬・点鼻薬というと難しい表現ですが、要するに目や鼻に直接使用する薬ということです。これもよく名前を耳にする薬として「アルガード鼻炎ソフトカプセル」という薬があります。

抗ヒスタミン薬は適量を守らないとリスクがあるので、同時に飲むのは避けましょう。つまり同じように抗ヒスタミン薬を使っていても花粉症に特化した薬だということです。その筆頭が「パブロン」。市販薬は医師の処方がいらないということで素人が自分の判断で使用することが大いに考えられます。当然ですが、さらに配合されている薬剤が多くなっているため価格は高めです。そこでもお話しましたように抗ヒスタミン薬は風邪薬にも使用されているものが多く、花粉症の市販薬を見ても風邪薬と同じ名前のブランドを散見することが出来ます。

それだけではなく、さらに抗アレルギー薬であるクロモグリク酸ナトリウムが配合されている薬もあります。そのため、比較的安心して利用しても問題ないと思います。「アルガード」「サンテALクール」「アイリスAGクール」・・・これらはどれも抗ヒスタミン薬です。そのため、副作用のリスクが指摘されているステロイドを使用した薬は見られません。これは内服薬ですがカプセルの中に顆粒状の粉末が入っているのではなく、ドロッとした液体が入っているので胃の中で溶けやすく効き目が早いというのが売りです。なお、これらの内服薬についてはひとつ注意事項があります。

市販薬は内服薬、つまり口から飲む薬と患部に直接使用する点眼薬・点鼻薬に分けられます。こちらも患部に直接使用するということで使い方が異なるものの、抗ヒスタミン薬がメインとなっています。これらの薬は医師の処方を必要としない市販薬です。内服薬の大半は抗ヒスタミン薬です。パブロンというと風邪薬にも同名のものがありますが、これは「パブロン鼻炎カプセルS」という商品です。先ほどからお話しているように花粉症の薬と風邪薬はどちらにも抗ヒスタミン薬が配合されています。


市販薬の関連サイト・ブログを紹介します。

メルクマニュアル家庭版 市販薬の歴史的背景 18 章 ...
市販薬の歴史的背景 一時期、ほとんどの薬は処方せんがなくても手に入りました。食品医薬品局(fda)ができる前は、びんに詰められたものは何でも、確かな治療薬であるかのように販売されていました。アルコールやコカイン、マリファナ、アヘンを含む ... ハーブティー花粉症
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/print/sec02/ch018/

セルフメディケーション情報・市販薬も医療費控除 ...
セルフメディケーション情報--キリン堂-- ... 医療費控除とは、ドラッグストアなどで購入した医薬品や、医療機関で診療したときの診察代、薬代、入院費などの医療費が1年間で合わせて10万円、もしくは所得金額の5%の金額を超えた場合、申告すること ... 花粉症空気清浄機
http://www.kirindo.co.jp/m-selfm/

花粉症の薬 ?処方薬と市販薬
花粉症の薬について、病院で出されるアレグラやアレロックなど処方薬と、薬局で購入できる市販薬との違い、症状に応じた選び方について解説。ランキングなども ... 花粉症の薬について解説。アレグラやアレロックなど病院で出される処方薬と薬局で購入 ... 花粉症サプリメント
http://silver-tone.com/kafun/

海外勤務健康センター 研究情報部|海外の市販薬
海外の市販薬 労働者健康福祉機構 は、海外の薬局で市販されている薬剤(主に 大衆薬 )を調査しています。 地域別(労働者健康福祉機構へのリンク) 厚生労働省花粉症
http://www3.johac.rofuku.go.jp/drugs/

痔薬の種類と市販薬の使い方
痔には次のような症状があります。 ? 痔核(いぼ痔) :肛門の静脈が鬱血してできる静脈瘤です。イボのよう なのでイボ痔ともいわれます 花粉症予防
http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/

関連エントリー

市販薬 に関して   市販薬 は、これです。   市販薬 に関する話題。   市販薬 は、これです。   市販薬 の説明   市販薬 について詳しく   市販薬 は、これです。   市販薬 に関して