TOP >  アトピー性皮膚炎の症状

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎の症状とは

皮膚の炎症、かゆみ、肌の乾燥などが、アトピー性皮膚炎の主な症状です。
かゆみを伴う湿疹が、繰り返し現れることが、アトピー性皮膚炎の特徴であり、顔や首、ひじやひざのくぼみにできる湿疹が特に多く、重症の場合は、その湿疹が全身に現れることもあります。
アトピー性皮膚炎の患者の多くは、5歳までに発症しており、アトピー性皮膚炎は、遺伝的な要因である、アトピー体質により発症するといわれています。アトピー性皮膚炎の患者の場合、気管支喘息やアレルギー性鼻炎にかかりやすいといわれています。
アトピー性皮膚炎の症状は、人それぞれ違いますが、季節によってもかゆみの程度が違うようです。冬に悪化する人の場合は、冬になり乾燥がひどくなると、かゆみもひどくなります。また、気温が上がり、汗をかいて肌が潤うようになるとかゆみもおさまってきます。
また、夏にアトピー性皮膚炎が悪化する人の場合は、汗が刺激になり、かゆみを発生させることが多く、汗をかき細菌が繁殖することが多く、皮膚の炎症が悪化し、同時にかゆみもひどくなります。
アトピー性皮膚炎の症状は、ふとんに入り体温が上がるとひどくなったり、ストレスなどで悪化したりと、その症状はとても個人差が大きなものです。

人気商品

関連エントリー

アトピー性皮膚炎の症状とは