TOP >  アトピー性皮膚炎について

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎について

アレルギー反応が原因となり、皮膚にかゆみを伴う湿疹性ができる皮膚疾患を、アトピー性皮膚炎といいます。
アトピー性皮膚炎は、最近の研究で遺伝的な素因が原因であると明らかになりました。アトピー性皮膚炎は、幼児期から小児期に多く発生します。母親がアトピー性皮膚炎だった場合、子どもにアトピー性皮膚炎が現れる場合が多くなります。
アトピー性皮膚炎の、皮膚バリア機能の低下も遺伝的なものであると言われています。これは、皮膚の外部刺激から防御する機能が低下していることで、皮膚が乾燥し、鮫肌や、皮膚の感染症にかかりやすい状態になります。
免疫学的な面から考えると、アトピー性皮膚炎は、ダニ・ほこり・微生物・食物などいろいろな抗体に対してIgE抗体が、過剰に発生しています。
様々な素因により発症する皮膚炎がアトピー性皮膚炎ですが、個人個人その症状は違っており、その治療法も異なります。
ダニやホコリなどを除去する環境対策、入浴や石鹸で洗浄を心がける清潔保持、保湿剤などで低下した皮膚のバリア機能を補うこと、皮膚を刺激する衣類や、紫外線・発汗を避ける刺激回避、皮膚の生理的異常を少しでも少なくして、アトピー性皮膚炎の症状を軽減する努力が必要です。

人気商品

関連エントリー

アトピー性皮膚炎について